モデルさん安定収入化への取り組み

みっつーのR18個人撮影ラボでは、経済状況が理由で顔出しNGモデル希望のご連絡をしてくださる方が殆どの中、皆さんが副業として成立するほど安定したお仕事量を供給できているわけではありません。そこで、問題を解決すべく、2021年の5月頃よりモデルさんの安定収入化への取り組みを行っております

名付けて「みっつーのR18メディアワークコンサルティング」

近年、個人販売で収益化可能なプラットフォームが増えてきましたが、モデルさんに合った撮影内容や販売サイトを模索しながら、モデルさんが毎月収益化をしていけるようサポートを行うというものです。

みっつーのR18メディアワークコンサルティングでは、月に1回の顔出し無しの撮影(3〜4時間程度)で10〜12万をお渡しするのが目標です。

↓収益化例↓

↑スマホで閲覧の場合、横表示でご覧頂けると見易いです↑

12万円という額は、みっつーの経験からモデルさんの安全性を維持したまま実現できる目標ラインです。

図のように12万円のお渡しを達成するには、仮に※5サイトで展開した場合、1サイトにつき2ファイル/dayの販売が目標となり、必ずしも多くの人の目に触れる必要はないことがわかります。

※5サイト=各サイト、安全重視の販売戦略としてサイトの集客力のみに依存し広告を減らすことで、販売機会を「ユーザーの自発的な趣向ワードの検索によるコンテンツへのアクセス」のみに絞り、安全面を強化。一方でサイト数を増やすことでユーザー数(販売機会)を底上げし必要販売数を確保する狙い。またこれにより1サイトあたりの販売数は自然に抑制されるため、必然的にサイトのランキング表示やおすすめ表示からも外れることになり、結果として不特定多数にコンテンツの存在を知られるリスクを最小限に抑えながらの収益化が可能。複数サイトでの販売という一見した印象とは全く逆の効果が得られる。

現在、販売に使用する可能性のあるサイトは「PALPIS」「Pcolle」「Gcolle」「fc2コンテンツマーケット」「DL.Getchu」「Gyutto」「LAXDマーケット」のような、個人販売に多く利用されているサイトです。これらには個人撮影を装っていながらも明らかにプロ集団が作った顔出し女優のコンテンツも多くありますし、残念ながらサイトによっては違法コンテンツと思わしきものも散見されますが、そういった派手なコンテンツにあえて埋もれながら、モデルさんの安全を守り、法律を遵守した健全な形で、ひっそりと細く長く着実に活動していくのが理想です。